カザフスタン・キルギスの伝統料理『ベシュバルマク』を食べてみよう!

遊牧文化であるカザフスタンやキルギスでお肉は絶対欠かせないもの。
お客さんを家に招き、料理でおもてなしするのがカザフスタン・キルギスでの美徳なのです。

そのおもてなしやお祝いごとに必ず出て来る料理が『ベシュバルマク』と呼ばれるもの。

ベシュバルマクとは?

カザフスタン キルギス ベシュバルマク ベシュバルマック 伝統料理出典:http://kyrgyzstan.co.jp/food/
カザフスタン・キルギスで代表される伝統料理であり、茹でたモチモチの麺の上にたっぷり馬肉と玉ねぎが乗った料理。大きな鉄鍋で馬肉を数時間煮込み、ダシをしっかりとって塩で味付けします。

カザフスタン・キルギス語でベシュは数字の「5」、バルマクは「指」という意味。
手でこの料理を食べることから、「5本の指(ベシュバルマク)」という名前が付いているんだとか。
カザフスタンでは平べったい麺を用いますが、キルギスは細い麺を使うのが特徴。場合によっては細かく刻んだ肉に麺と混ぜ合わせることもあります。

カザフスタンで本物のベシュバルマクを食べて来た

キルギスで一度ベシュバルマクを食べたのですが、馬肉ではなく羊肉で臭みがひどいし、麺もイマイチで全く美味しいと思っていませんでした。

関連記事【チョルポン・アタ】ローカルの人にやたら薦められるレストラン『U Rybaka』

しかし、アルマトイでアパート滞在時に知り合ったオーナーがカザフスタンの伝統料理を是非食べて欲しいと美味しいベシュバルマルクがあるレストランへ連れて行ってくれました。

カザフスタン キルギス ベシュバルマク ベシュバルマック 伝統料理
こちらが美味しい本物の「ベシュバルマク」!
キルギスのレストランで食べたものと見た目は全く違いました。安いものだと羊肉が使われていますが、本物は馬肉を使ったもの。

羊肉のベシュバルマクがひどくまずかったので、恐る恐る一口食べてみたらこれが美味しいんです!馬肉は馬刺しぐらいしか食べたことがないですが臭みは全くなく、まるで牛肉にような味でした。上にのっている丸い肉は馬肉のソーセージで旨味が凝縮されていて、噛めば噛むほど味が出て来る。

下に敷かれているとても太いビロビロの麺。手打ちでモチモチして、馬肉と良く合いました。

アパートのオーナーさん曰く、レストランのも美味しいけどやはりお母さんが作るベシュバルマクが一番美味しいとのこと。一度家庭料理のものを食べてみたいですね。

結構いいレストランでベシュバルマクの値段は1,000円ちょいぐらいでした。
3人〜4人で食べるとちょうど良い感じです。

もし、カザフスタンで美味しいベシュバルマクを食べたいなら是非このレストランで。
こちらはベシュバルマク以外の料理もとても美味しかったです。

アルマトイ中心地からやや離れているのでUberで行くのがオススメ
関連記事【カザフスタン】アスタナとアルマトイでタクシーアプリ「Uber」は大活躍!

【アルマトイ】美味しいカザフスタン料理が食べれる地元で人気のレストラン『Парадайз』
アルマトイでアパートに滞在していた時、アパートのオーナーが伝統料理ベシュバルマクを食べて欲しいとのことで美味しいカザフスタン(中央アジア料理...

レストラン名:Парадайз
営業時間:10:00〜22:00 ほぼ無休

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク