【コラート】観光1日目

朝食つきなので、SIRI HOTELのカフェへ。
●パッタイ
●カオ・パット
●アメリカン・ブレイクファスト

などから選択出来る。
とりあえず、アメリカン・ブレイクファストでオムレツにしてもらった。
まあ、朝食つきだと430バーツぐらいになったのかな?
結構お得ですよね。
このスタッフの女の子が私に話しかけてきた。
ここのホテルの人は、英語が通じるのでありがたい。
「一人で旅してるの?!」とえらくびっくりされる。
良かったら夜ナイトマーケットに行かないかと誘ってくれて
一緒に夜行く事になる。
それまで、観光。
--------------------------------------------------

市内バスは、ソンテウ。一律9バーツ(約30円ぐらい)
これでコラート全般をラクに回る事が出来ます。

ソンテウ内の様子。

ワット・パーヤップに到着。

僧侶が造り上げた瞑想の部屋。各地から集められた石や鍾乳石を壁や天井に張り付けられている。
人口で作られたにも関わらず、凝ったつくりになっているとここでは有名なんだとか。

この寺で、有名な僧侶の方でしょうか?
あちこち写真が飾られていました。

そして、不思議な陶器の僧侶さん。
なんかカワイイですねw

外は暑いので、寝ている人もいた。

おお、この方は!タイの国王様の若かりし頃の写真。
ちゃんと出家されていたんですね~。素晴らしい。

このお寺に出家中の少年僧達。

ワット・パーヤップ入り口前にあった銅像。
さらにソンテウで移動して、

ワット・プラ・ナーライ

ここから新聞を読んでいる僧侶さん。思わず激写。

とりあえず

ぐるぐぐ回って、これは道にあった壁画?

ムエタイと言うのがいかにもタイらしい。

コラートと言えば、有名なタオ・スラナリー記念像。

タイのジャンヌダルクと呼ばれていて、昔ラオスの侵略からこの町を救ったそうです。



バスでこの像の前を横切ると、必ずタイ人のみなさんは
その像へ向かって合掌します。

あちこちに漢字で書かれた小さいお寺も結構見かけます。
うーん、やっぱりお寺中心の観光巡りになっちゃうね。

途中、屋台のバナナ売りをみかける。東南アジアではバナナ焼きって結構定番だよね。

横には、バナナのすり身のようなものが。
屋台のおばちゃんに「バナナ?」と聞くと
首を振った。と言う事は、バナナではないのかな?
そしたら、おばちゃんが2個を楊枝にとって差し出して来る。
食べてみる?と笑顔でくれる。
こんなのが東南アジアらしいよね☆
バナナっぽいような感じなんだけど、白あんのような味もする不思議なお菓子。
結構いけたので買ってみる。
10バーツ分、袋に入れてもらった。
すぐ真横にメガネ屋さんがあり、その前に・・・・・・・

ワン・リーホンが!!コンタクトレンズの広告に出ていた。
思わず激写。
ワン・リーホン→台湾系アメリカ人です。本業は歌手。
日本でもCMソング作曲したり、映画に出てましたね。
東アジアだけじゅなく、タイまで・・・・。凄いですね、彼は。
そろそろ、マイちゃんと待ち合わせになるのでホテルへ戻るとする。
----------------------------------------
ポチっとな、お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA