しばしマレーシアともお別れ | KOPI LYCHEE ~ たび茶餐室 ~

しばしマレーシアともお別れ

さてさて、マレー鉄道バンコク行きも出発。

出発時って2両しかないんですよね。
後でタイのハジャイから車両が増えるんです。

列車も出発し、タイ・マレーシアとの国境まで約3時間程。

しばらくマレーシアの風景が広がる。
列車内は、ほとんど外国人。
マレー鉄道は、今回で4度目だが日本人と韓国人を見かけたのは今回が初めて。
日本人は日本人とつるんでいたが、私は一人マイペース。
しばらくして、出入国審査に到着。
マレーシアからタイの場合だと、荷物置いて出入国審査が多いけど
タイからマレーシア入国だと必ず荷物は持って審査を受けるように言われていた。
まず、マレーシアのイミグレ側で手続き。
並んでるとき、前と後ろには韓国人の一人旅の子が並んでいた。
私を間挟み、二人の会話を聞いてるとどうやら二人ともマレー鉄道は初めてっぽい。
前に並んでいた男の子が私の後ろに並んでいた女の子に
男の子「夕ご飯ってどうするんですかね?」
女の子「友達からの情報だと、途中途中お弁当を売りに来るって話みたいだけど・・・」
更にこの二人はタイも初めてのようです。
二人してあたふたして色々話していた。
全部言ってる事が分かるからちょっと面白いんだけど(ゴメンナサイw)
何も口出しせずとりあえずそこに並んでいた。
出入国審査後、列車ホームのマレーシア側でお弁当を売っていた。
私はついつい途中でお弁当売りが来るだろうと思い買わなかったのがマズかった!
結局ハジャイで買えると思っていたが、結局既に夜7時近く。
お弁当屋さんは既に家に帰ってしまっているとの事。
しょうがないから高いけど食堂車で注文。
タイの屋台の3倍以上のお値段です(泣)。ああ、貧乏旅行には痛いお値段です。
---------------------------------------------—
しばらくして、さっきの韓国人の男の子が列車内のスタッフにCITI BANKのカードを見せて
バンコクのどこにCITI BANKがあるかどうか聞いているようだ。
タイ人スタッフは分からなく「I DON’T KNOW」と答えていた。
そこで、たまたま彼と目が合う。
英語でどこにCITI BANKがあるか今度は私に聞いて来た。
英語で「お金下ろすだけの目的なの?」と聞いたら
彼はどうやら英語があまり出来ないようだ。
うーん、しょうがないので韓国語で同じ質問で聞いた。
そしたら・・・・・・・
「ええ!!韓国語分かるんですか!!?」
と思いっきりビックリされる。
あ、ハイ・・・・一応・・・・(汗)
とりあえず、彼にPLUSのマークが出てるATMならどこでも下ろせますよと教えてあげた。
彼しばらく驚きを隠せず・・・・・
「あ、ありがとうございました!」と礼儀正しくお礼を言って来た。
ああ、これ絶対あの韓国人の女の子もここに来るだろうな~と思ったら
やっぱり、彼が私のところへ連れて来ましたw
韓国人は、必ず挨拶をしに来る礼儀正しい方達。
韓国人の女の子が少し照れながら韓国語で「あ、アンニョンハセヨ・・・」と挨拶して来た。
男の子が「ユヒョン君」女の子が「チソンちゃん」
ユヒョン君が私に言って来る。
「韓国語分かってるなら、なんであの時(出入国審査)話かけてくれなかったんですかー!!

僕達の話がどれだけおかしかったか・・・・・(泣)
もーーーー恥かしいです!!

ご、ごめんなさいっ!!(汗)
しばらく3人で色々おしゃべり。
私は随分昔、韓国に住んでいたのだが、ここ数年
韓国人の男の子はお洒落になったと言うかカッコいい人が増えたなーと良く驚かされます。
でも・・・韓国男子の魂は・・・・昔に比べて弱くなったと言うか・・・・。
なんと言うか・・・。とにかく韓国人男子は、男らしいと言うイメージが強かった。
ユヒョン君があまりにも落ち着きがなく、あたふたと良くしてるので
チソンちゃんが「軍隊まだ行ってないでしょ?」と聞くと
ユヒョン君「僕、既に軍隊終わったんですよ!!」と言うのでビックリ!!
韓国で男性には徴兵制度があるのだが、
大体軍隊が終わった後の韓国男児はどことなく雰囲気があるのだ。
男らしいとか、落ち着きが出てくると言うか。体もたくましくなって帰ってくる。
軍隊へ行って男になって帰ってくると言う感じだろうか?
でも、彼には軍隊と言うイメージから程遠い。
可愛らしく愛嬌があって弟君のような感じだ。
悔し紛れなのか彼が私達に「ほら!!軍隊終了の証明書だよ!!」と見せて来た。
あ!ほんとに軍隊終わったんだ・・・・・。ちょっと二人して信じられず・・・・w。
彼曰く、いつも同じ質問をされるので必ずこの証明書を証拠に携帯してるそうだw
みな同じ事を思うのね・・・・。
しばらくして、夜もふけみなそれぞれベッドに入る事になる。
------------------------------------------------------------–
ポチっとな、お願いします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください