チェンマイでノービザ延長の申請方法と注意点。

2016年9月にチェンマイのプロムナーダにあるイミグレオフィスへノービザの滞在延長をして来たので、その情報を下記へまとめておきました。

当日申請、当日受領となります。

ノービザ・ビザ延長が出来るイミグレオフィスの場所

数年前に移転したようで、お堀からかなり離れたショッピングモール『Promenada(プロムナーダ)にあります。

住所:192-193 Moo 2, Tumbon Tasala, Amphur Muang Chiang Mai,
時間:8:30〜12:00 13:00〜16:30 週末祝日は休み

チャンプアックから安くてソンテウで1人50バーツ、他に乗る人がいない場合は2人で150バーツぐらいでした。

タイ チェンマイ ビザ ノービザ 延長方法 プロムナーダ場所 必要書類
昼頃あたりからなら、プロムナーダまで無料シャトルバスも出ています。
詳しいURLはコチラ

タイ チェンマイ ビザ 滞在延長 必要書類料金 行き方 申請方法
こちらがプロムナーダ。イミグレーションオフィスは、2つの建物の間にあります。

チェンマイのノービザ・ビザ延長に必要な書類

imgp0957

  1. パスポート
  2. パスポートのコピー 下記ページ
    ・顔写真があるページ
    ・今回入国したスタンプがあるページ
    ・観光ビザから延長する場合は、タイビザのページも
    ※各コピー用紙にパスポートと同じサインの記入が必要
  3. 顔写真 6X4 2枚 ※縦長のなかなかないサイズ。別途撮る必要があります。
    ※確認する人により、規定サイズ以外がダメだったりします。
  4. 申請書2枚 現地でもらえます。※滞在先の住所も忘れずに
  5. 1,900バーツ

タイ チェンマイ ビザ 滞在延長 必要書類料金 行き方 申請方法
イミグレの横にコピーや写真を撮れるところがありますが、かなり割高です。
写真4枚200バーツ、コピー1枚20バーツでした。

私は昨年も同じ場所でタイ観光ビザから延長しましたが、その時に余った顔写真で今年も申請したら大丈夫でした。こんなサイズ使うことまずないですよね(笑)

タイ チェンマイ ビザ 滞在延長 必要書類料金 行き方 申請方法
現地の受付でインターンっぽい学生さん達にビザ延長といえば、書類を2枚もらえます。

タイ チェンマイ ビザ 滞在延長 必要書類料金 行き方 申請方法

裏表記入があるので忘れずに。ボールペンも必ず持参で。
※今年は昨年と比べ、枚数と記載箇所が増えていました。

滞在延長申請から受領までのフロー

タイ チェンマイ ビザ 滞在延長 必要書類料金 行き方 申請方法

  1. 申請書2枚記入後、上記必要書類と共に受付でチェックをしてもらう。
  2. 書類に不備等なければ、そのまま待機。名前で呼ばれます。
    ※大体1時間〜2時間ほど。
  3. 名前が呼ばれたら、顔写真撮影。その後、また待機。
  4. 再度名前が呼ばれたら、受領完了。

タイ チェンマイ ビザ 滞在延長 必要書類料金 行き方 申請方法
でこちらが延長手続きで押されたスタンプ。要確認。
申請日から30日ではなく、滞在終了日からプラス30日です

昨年は朝の9時ぐらいに行き、10時半に終りました。今年は雨の水曜日へ行ったら20分ほどの待ち時間であっと言う間にビザ受領。

タイ チェンマイ ビザ 滞在延長 必要書類料金 行き方 申請方法
混んでいる時は2時間待ちはザラだとか。月曜日と金曜日はやや混みやすいようです。

チェンマイからだとビザラン出来る陸路国境は遠いので、延長手続きが簡単に出来るのは嬉しいですね。まあ料金は割高ですが。

これからチェンマイでノービザ延長をする方の参考になれば幸いです。

▶︎ミャンマー国境ミャワディーのビザランレポートはコチラ

ピッサヌロークからミャンマー国境の街メーソートまでの行き方。ミャワディーへのビザランレポート。
ビザなしでタイへ入国し、滞在できる日数は30日。 1日余裕を見て29日目でビザランをすることにしました。 ピッサヌロークからメーソート行...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク