【台南】100年以上続く美味しいちまきの老舗店『再發號』

ここ台南に1872年から100年以上に渡り、4世代続く老舗のちまき(粽)屋『再発號』
があります。台南や台湾でも誰もが知る有名なちまき屋さん。

台南 美味しい 粽ちまき 再發號 再発号
初代店主が具たっぷりの入ったちまきを売り始めたのがきっかけで評判になり、大人気店になったんだとか。後に3代目が高級ちまきである『八寶肉粽(八宝肉ちまき)』を作り、今ではこのちまきが一番人気の看板メニューになっています。

それまでは肉だけのちまきでしたが、この高級ちまきを作った後にお客さんから「もっと高級なちまきを作って欲しい」というリクエストがあり、出来たのが『特製海鮮八寶肉粽/特製海鮮八宝肉ちまき 』。高級食材であるアワビは干し貝柱などが入ったもの。今となっては、台南に限らず台湾全国からわざわざ食べにくる人も多い有名なちまき屋さんです。

台南 美味しい 粽ちまき 再發號 再発号
こちらが店内の様子。
平日の夜に行ったため結構すいています。古い感じの小さい食堂で老舗感があります。

なんと!ここのちまきは作るのに5時間以上かかるそうです。これだけ時間をかけ、丁寧に作られた粽が美味しくないわけがありません。

台南 美味しい 粽ちまき 再發號 再発号
私は台湾で定番の『肉粽(肉ちまき)』50元を注文。
ほかにも『八寶肉粽/八宝肉ちまき 100元』特製海鮮八寶肉粽/特製海鮮八宝肉ちまき 150元』などの高級ちまきもあります。

台南 美味しい 粽ちまき 再發號 再発号
まず、ちまきを割ってみるとビックリ。
中には具がゴロゴロ!具は赤身の豚肉、甘く煮込んだ肉そぼろと椎茸、栗、塩漬けにした卵黄が入っています。これはなんとも美味しそう!

まず一口食べてみると、すべての具材の香りが口の中で広がり、もち米の特有の触感とちまきのうまみをギュッと詰め込まれたお米はなんとも例えようのない美味しさ!

結構なボリュームでこれ一つで晩ご飯1食になりそうなくらい。
塩漬けの黄身を途中で食べると、思っていたより味は飽きることなくさっぱりと食べれます。色々と工夫がされてますね。

ちまき以外にも色々なメニューがあります。

台南 美味しい 粽ちまき 再發號 再発号これは蝦丸湯(エビ団子のスープ) 30元。
ちまきと相性も良くサッパリとしたスープ。エビ団子のプリプリ具合もいい感じ。

スープの種類も肉、魚、貝、モツ系など色々。台湾の安食堂に良くある湯麺や乾麺、肉燥飯などもあります。ちまきに特化した食堂かと思いましたが結構バラエティにとんでます。

中国でも台湾でもローカルちまきを食べて来ましたが、ここのはやはり格別でした。もちろんお値段も高いし、手間ひまかけて作り、いい具材を使っているのもありますね。

台南へお越しの際には、是非再発號でちまきを召し上がって下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
食堂名:再発號(再発号)
住所:台南市民権路二段71号
アクセス:台南駅から徒歩10分ほど。
営業時間:9:00~20:30
定休日:年中無休

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク