ブッダガヤの朝食は是非ここで!チベットパンの専門屋台!?『BHNESHAR』

チベタンブレッドとは?

ブッダガヤ 朝食 チベットパン バレ/パレ balep
小麦粉と塩で作った生地を発酵させて、焼いたシンプルなパン。
チベット語で『バレ/パレ(balep)』と呼ばれ、インドではチベット人が多くいるダラムサラ、ブッダガヤ、バンガロールなどでは食べることが出来ます。

また面白いことにネパールの場合は、油で揚げたパンがチベタンブレッドだそうです。

私がダラムサラ滞在時は、毎日朝食にチベタンブレッドを食べていました。それからハマってしまい、ここブッダガヤでも食べれないかなと思い探したところ売っているお店を発見!

ブッダガヤ 朝食 チベットパン バレ/パレ
ブッダガヤで毎日大量のチベタンブレッドを作っているインド人経営の屋台『BHNESHAR』大量に作っているだけ、店の看板にもチベタンブレッド専門店と出ています(笑)チベット人の方が大量にここで買いに来ているのを良く見かけます。

ブッダガヤ 朝食 チベットパン バレ/パレ
ダラムサラや他店で食べると、基本他店でこのブレッドを買い付け、店内では蒸して温めて出すことが多いようです。
この写真のは蒸して温めたチベタンブレッド。

ブッダガヤ 朝食 チベットパン バレ/パレ
ですが、ここではこの店で作っているため、焼きたて出来立てを毎日出してくれるのが嬉しいところ!冷たかったら、ちゃんと焼いて温め直してくれます。

ブッダガヤ 朝食 チベットパン バレ/パレ
これで一枚10ルピーはなんておトク!

ブッダガヤ 朝食 チベットパン バレ/パレ
これがここののチベタンブレッド。
チャイは1杯10ルピー。チベタンのバター茶も置いてあります。

私達はこのチベタンブレッドと一緒にいつもオムレツを注文していました。
オムレツは意外と高めな30ルピー。

お店のオーナーは結構無愛想ですが、もくもくといつも仕事をこなしています。3日目以降は、顔パスで私達が注文するメニューを覚えていて毎日出してくれました(笑)

オムレツ以外にもインド系の屋台メニューもあり、ジャガイモの炒め物やダルカレーなど、それをおかずとしてチャパティやチベタンブレッドで食べているチベタンも多く見かけました。

チベタンブレッドを食べてみたい!という方には是非オススメしたい屋台です!ですが、店内の衛生面はあまり良くないので、インドの屋台が苦手な方はやめたほうがいいかも。
以上、はまりにはまったチベタンブレッドのレポでした(笑)

———————————————–———————–———————–
食堂名:BHNESHAR
アクセス:OMレストランすぐ近く

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA