陸路国境越え!バングラデシュ・ダッカからインド・コルカタまで国際バスで | KOPI LYCHEE ~ たび茶餐室 ~

陸路国境越え!バングラデシュ・ダッカからインド・コルカタまで国際バスで

出発時間と集合場所

利用したバス会社SHAYAMOLI PARIBAHANのコルカタ行き出発時間は夜の22時。

陸路 バス バングラデシュ・ダッカからインド・コルカタ
私達が泊まったHotel Pacificから一番近いバス発着所は、Arambaghという場所にあります。ホテルからはサイクルリキシャーで10分程(20〜30タカ)

バスチケット売り場とは異なるので要注意。チケット購入時にスタッフの人が名刺をくれて、バス発着所の場所もちゃんと教えてくれるのでご心配なく。

↓バスチケットの購入方法は下記参考↓
>>ダッカからコルカタ行きバスチケットの購入場所の記事はコチラ

陸路 バス バングラデシュ・ダッカからインド・コルカタ
こちらがグリスタン、オールドダッカ近くにあるArambaghのバス発着所。様々なバス会社の待合所が並んでいます。

陸路 バス バングラデシュ・ダッカからインド・コルカタ
こちらは私が利用したバス会社の待ち合い所。大体出発の30分前に集合し、チェックイン。

ダッカからバングラデシュ側の国境まで

陸路 バス バングラデシュ・ダッカからインド・コルカタ
こちらがバングラデシュ側のバス。
椅子はリクライニングもあり、座席スペースも思ったより広く、とても快適。意外と寝れます。
夜行のため、バングラデシュ側の道はすいていて早めに国境へ到着します。このあたりで一度乗客のパスポートチェックが入るため、バス会社スタッフから集められます。
国境が開くのが7時ぐらいのため、それまでバスの中で1時間待ち。

陸路 バス バングラデシュ・ダッカからインド・コルカタ
夜明け前にスタッフからイミグレチェック近くにあるバス待合所まで行き、そこでパスポートを渡された人から順にバングラデシュ側のイミグレへ向かいます。

陸路 バス バングラデシュ・ダッカからインド・コルカタ
こちらがバングラデシュ側のイミグレ。なぜかインド側より立派です。

陸路 バス バングラデシュ・ダッカからインド・コルカタ
私達外国人は一度別のところで待たされたのちに、出国審査を受けることになります。

意外とここまではスムーズです。

陸路 バス バングラデシュ・ダッカからインド・コルカタ
さて、ここからが大変!
夜行バスで来るとイミグレが朝開くまで多くのバスが待つため、一気に長蛇の列が!ここで待つこと20分。

バックパックをずっと背負っていたため、肩も疲れて来ましたが、周りのバングラ人を見てると頭のいいことに!?自分のスーツケースを国境側まで持って行って置いてました(笑)

陸路 バス バングラデシュ・ダッカからインド・コルカタ
バングラ側の国境検問所でパスポートを見せて、インド側へ入ります。
首でカメラをぶら下げていたので、係員のオジさんは撮れ撮れというので撮っておいた写真をアップしておきます。

相変わらずバングラデシュ人はとてもフレンドリー(笑)

いよいよ、インドへ入国!

さて、バングラデシュ側の審査も終わり、インド側へ。

陸路 バス バングラデシュ・ダッカからインド・コルカタ
そんな中、横ではヤギヤギさんファミリーが顔バスでのほほんと国境を越え、インドへ入って行きます(笑)

陸路 バス バングラデシュ・ダッカからインド・コルカタ
いよいよ、インド側の入国審査へ。
入るのに人数制限があるため、ここで15分ほど待つ羽目に。

インド側の入国審査はインド人やバングラ人はあっと言う間に終るのに、私達外国人の場合は10分近くかかりました。

陸路 バス バングラデシュ・ダッカからインド・コルカタ
で、やっと入国審査も終わり、バス会社の待合所へ。ここでインドルピーへの両替が出来ます。必要な方はここで両替を。ちなみにATMはこの周囲にはないようです。

インド側国境からコルカタへ

陸路 バス バングラデシュ・ダッカからインド・コルカタ
こちらがコルカタ行きのバス。

陸路 バス バングラデシュ・ダッカからインド・コルカタ
バスの中はこの通り。意外と快適です。

陸路 バス バングラデシュ・ダッカからインド・コルカタ
朝11時ぐらいに食事休憩で30分ほど。

ここからしばらく渋滞でやっとコルカタに着いたころは14時ぐらいでした。
予定では12時間ですが結果16時間。必ず渋滞などで遅れるようです。

コルカタはバングラデシュ行きのバスチケットが売っているサダルストリート近くのマルキストリートに到着します。

↓よろしかったらポチッとお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください