国際バスで陸路国境越え!インド・コルカタからバングラデシュ・ダッカまで

バス出発時間と場所

国際バス 陸路国境越え インド・コルカタからバングラデシュ・ダッカまで
購入したチケットのバス会社前に出発の30分前に集合となります。バングラデシュ行きの国際バス発着所は、サダルストリートの近くにあるMarquis Streetです。

>>コルカタ→バングラデシュ行きバスチケット購入方法の記事はコチラ

国際バス 陸路国境越え インド・コルカタからバングラデシュ・ダッカまで
基本バングラデシュ行きの国際バスは、朝5〜7時出発のバスが多く、私達が利用したSHAYAMOLI PARIBAHANのバスは朝6時発でした。

20〜30分前には乗るバングラ人やインド人が多く集まり、チャイ屋さんなどが商売をしています。荷物を後ろトランクに乗せてもらいますが、中は結構埃が多いため、ザックカバーを忘れずに。

バスは遅れると思ってましたが、定時に出発しました。

バス内の様子とインド側国境まで

国際バス 陸路国境越え インド・コルカタからバングラデシュ・ダッカまで
インド側の国境まではこのバスで。

中は思ったより快適ですが、私の席は左一番前の出入り口ドアがあるため、人が通る度に足をよけるため、全然ゆっくり休めませんでした。

国際バス 陸路国境越え インド・コルカタからバングラデシュ・ダッカまで
水と朝食が出ますが、こちらのローカルスイーツは甘過ぎてもちろん食べれず、バナナと食パンだけいただきました。

国際バス 陸路国境越え インド・コルカタからバングラデシュ・ダッカまで
で、国境まで3時間ぐらい。到着前にスタッフの人が乗客のパスポートを集めに来ます。パスポートを渡した後は、荷物はそのままでインド側国境近くにある、このバス会社の休憩所でパスポートチェックが終るまで待ちます。

国際バス 陸路国境越え インド・コルカタからバングラデシュ・ダッカまで
ここでバングラデシュ・タカへの両替が可能。レートは悪くなく通常レートでした。

チェックが終った後に自分のパスポートが返され、そのままインド側でのイミグレ手前で荷物を運んで来たインド人にチップを求められます(笑)これが嫌な場合は、自分で荷物を持って出ましょう・・。

インド側で出国審査。大体10分ぐらいで終わりました。

バングラデシュ入国審査とアライバルビザ

国際バス 陸路国境越え インド・コルカタからバングラデシュ・ダッカまで
バングラデシュ側のイミグレでアライバルビザが本当にもらえるのか不安もあり、ドキドキしました。

イミグレの係員からは「バングラのビザは?」「コルカタのバングラデシュ大使館で取らなかったの?」と何人から聞かれ・・「日本人はアライバルビザに切り替えになったからもらえなかった。」と言ったら、別室へ連れていかれ、とにかく待ての一点張りでした。

でも、バングラデシュのイミグレの人達は笑顔でフレンドリー。

日本人と言うとみなさん「こんにちは」「ありがとう」と言ってくれたり、とても親切にしてくれました。ここで待たされること30分以上。

バスは私達を待っているのではないかと少し焦りも入りました。

国際バス 陸路国境越え インド・コルカタからバングラデシュ・ダッカまで
その後、アライバルビザの手続きをするスタッフが決まっているようで、その人がデスクへ戻って来ました。

どのくらい滞在するのか質問され、1か月と言ったらその場であっと言う間に30日のアライバルビザが発行されました。50ドル要求されるというウワサも聞きましたが、普通に無料。もちろん事前のネット申請も要らす、パスポートされあればOKです。

そのままバングラデシュの入国審査を通り、荷物検査で質問がありましたが、これこれ持ってる?とか聞かれるのかな?と思ったら、「ハロー、ハワユー?」「Where you from?」という質問だけで終りました(笑)

で、ビザ発行後はあっと言う間に入国審査は終わり。こんなにフレンドリーな入国審査はインドネシア以来です(笑)面白いよ!バングラデシュ!

いよいよバングラデシュへ!

国際バス 陸路国境越え インド・コルカタからバングラデシュ・ダッカまで
ここでバングラデシュ側のバスへ乗り換えとなるので、バス会社の待合所でしばらく待つことに。各バス会社の待合所が並んでいます。

イミグレで時間がかかったので焦っていましたが、ここでまさかの1〜2時間待ち!焦る必要は全くなかったようで・・・。時間はたっぷりあるので、ここの近くでチャイを飲んだり軽く食べてもいいと思います。

国際バス 陸路国境越え インド・コルカタからバングラデシュ・ダッカまで
再度チェックインをし、バスへ入れる荷物を預けます。

ここからバスは2台に別れるので、自分が降りたい場所を伝えると、2台バスのうち自分が行きたい場所へ近いところへ行くバスに乗るように言われます。

国際バス 陸路国境越え インド・コルカタからバングラデシュ・ダッカまで
なんと!こちらがバングラデシュ側のバスの中!

もちろんインドより期待をしていなかったのに、とても快適なバスで驚きました。座席は広いし、結構のんびり寝れます。

国際バス 陸路国境越え インド・コルカタからバングラデシュ・ダッカまで
午後16時近くという中途半端な時間にお食事休憩。

ご飯と野菜カレーは無料。チキンとフィッシュが食べたい場合は追加注文ですが、周りを見ると結構みなさん追加注文していました。ここで初めてバングラデシュのカレーを食べましたが、これがなかなか美味しい!

国際バス 陸路国境越え インド・コルカタからバングラデシュ・ダッカまで
その後、川を渡るためバスごと船へ。

バスでかかる時間は12時間と聞いていましたが、ダッカへ近づけば近づくほど渋滞があり、結果15時間かかりました。着いた頃は夜の9時頃。その頃はすでにクタクタ・・。

国際バス 陸路国境越え インド・コルカタからバングラデシュ・ダッカまで
私達が降りた場所は、オールドダッカに近い各バス会社の待合所でした。逆にコルカタや地方へ行くバスへ乗る時は、ここから乗ることになります。

ここからはサイクルリキシャーで、有名な安宿のホテルパシフィックやホテルガーデンまで2キロぐらいで行けます。

以上、インド・コルカタからバングラデシュ・ダッカまでバスでの陸路国境越えレポでした。これから国際バスでインドからバングラデシュへ行く人の参考になれば幸いです。

↓ランキングに参加しています↓

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください