【コルカタ】カレーに飽きたら華人の朝市場へ!美味しい焼売、肉まんや胡麻団子が食べれる!

ここコルカタには、インド唯一のチャイナタウンがありますが、年々その規模は縮小されつつあります。アジアの様々な国で商売上手な華人・華僑といえども、独特の文化や風習があるここインドで商売をするのは難しかったように思われます。

コルカタ チャイナタウン 華人朝市場 チャイニーズマーケット ワンタン 肉まん
ですが、規模は小さくなったとはいえ、まだ華人の朝市場は毎日やっているんです。
この華人市場は、毎日朝7時〜8時半の間に中華の朝食や、食材、おやつを売っており、華人系以外にも果物や野菜、肉、魚などもあり、他店に比べ安く購入出来ます。

コルカタ チャイナタウン 華人朝市場 チャイニーズマーケット ワンタン 肉まん
私達が毎日のように食べたシュウマイの屋台。

コルカタに留学しているタイ人の友人がここのが一番美味しいと教えてくれました。一番角の手前にあり、テーブルも出ているのですぐ分かると思います。

コルカタ チャイナタウン 華人朝市場 チャイニーズマーケット ワンタン 肉まん
こちらがオススメのシュウマイ!

魚のすり身から作ったもので、4個60ルピーと少し高めですが、身が詰まっているのでボリューム感があり、結構お腹がふくれます。

インド式にチリをつけるのがまた美味しいです!

コルカタ チャイナタウン 華人朝市場 チャイニーズマーケット ワンタン 肉まん
ほかにも焼売スープもあります。

2個入って40ルピー。さきほどの魚のシウマイとは違う種類ですが、こちらも美味。

コルカタ チャイナタウン 華人朝市場 チャイニーズマーケット ワンタン 肉まん
こちらは肉まん屋さん。

チキンと豚の2種類があり、1個30ルピー

コルカタ チャイナタウン 華人朝市場 チャイニーズマーケット ワンタン 肉まん
私達は豚まんを2つ頼んだのですが、豚まんも2種類あり、1つは赤い焼豚が入った甘いものと、もう1つは玉葱などの野菜が入った日本っぽい豚まんがあります。豚まんは2種類あると説明もせず、渡してくるのがいかにもインド人らしいです。

私達がこれ2つとも種類が違うじゃないと言ったら、インド人は「え?両方豚肉だよ。」と言って来ます・・・(笑)

おそらくオーナーは華人で売っている人は雇われのインド人というのを多く見かけます。華人だったら、こういうところちゃんとしているのになあ。

皮の上に赤い点がついているのが、甘くて赤い焼豚まんというのを覚えておいて下さい。
1個全部食べたらお昼が要らなくなるくらいボリューミーです!

コルカタ チャイナタウン 華人朝市場 チャイニーズマーケット ワンタン 肉まん
手作り豆腐や豚肉の中華式ソーセージも見かけます。

コルカタ チャイナタウン 華人朝市場 チャイニーズマーケット ワンタン 肉まん
揚げワンタン、春巻きやプリーなども売っています。

コルカタ チャイナタウン 華人朝市場 チャイニーズマーケット ワンタン 肉まん
こちらは加熱する前のシューマイ、餃子や麺などの食材を売っているお店。ただし、毎週日曜日のみ出店しています。

コルカタ チャイナタウン 華人朝市場 チャイニーズマーケット ワンタン 肉まん
嬉しいことに、ここは胡麻団子があるんですよ〜。
1個16ルピーと少し高いですが、嬉しくて毎週買って食べてました。まさにあの中華おやつの胡麻団子と同じ味です!夜になると餅の部分が固くなるので、出来ればすぐ食べたほうが良いです。

コルカタ チャイナタウン 華人朝市場 チャイニーズマーケット ワンタン 肉まん
ここにいる華人の方達とのおしゃべりも楽しいです。
広東系や客家系が多いですが、華人学校があったため華語(マンダリン)を話せる華人も結構いらっしゃいます。中国語を勉強していた方は是非コミュニケーションをとってみて下さい。

華語で注文すると、どこから来たの?台湾人?なんて言われることが多いですが、日本人というとかなりビックリされます(笑)

コルカタ チャイナタウン 華人朝市場 チャイニーズマーケット ワンタン 肉まん
華人市場の裏には華人会館もあります。
東南アジアで見かけるものは広東会館や福建会館など省や都市ごとに分かれていますが、華人華僑関係に詳しい方によると、こちらは広東省4県の出身者が共同出資で建てたため、四邑会館という名前になっているそうです。

海外の華人・華僑コミュニティは実に興味深い。
以上、華人朝市場のレポでした。

 

———————————————–———————–———————–
華人系朝市場
アクセス:地下鉄Central駅下車徒歩10分。
時間:7:00~9:00 品切れもあるので、朝8時までには行ったほうが良いです。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください