【ハイデラバード】目利きの骨董品収集家として世界に知られたニザーム藩王国宰相のサラール・ジャング博物館

ここハイデラバードで知らない人はいないほど有名な『サラール・ジャング博物館』

ハイデラバード サラール・ジャング博物館

この博物館の名前は、元ハイデラバードであったニザーム藩王国宰相の名前であるサラール・ジャングから取ったようです。

ハイデラバード サラール・ジャング博物館
このサラール・ジャンクは目利きの骨董品収集家として世界に知られた方であり、彼の父、祖父からも骨董品を引き継いだが、博物館の展示品はほとんど彼が収集したもの。

ハイデラバード サラール・ジャング博物館
コレクションは、43,000点の美術品と50,000点の書籍という膨大なもの
であり、
彼の死後に値の付けられないほど膨大な量の高価な収集品が残されたそうです。

ハイデラバード サラール・ジャング博物館
博物館に来てみると、結構な盛況振りです。
個人のコレクションとは到底思えないほどの膨大な展示品の数々。

インドの博物館のわりには、結構しっかりしています。

ハイデラバード サラール・ジャング博物館
思ったより多くの油絵もあり、彫刻の数々。

ハイデラバード サラール・ジャング博物館
そして、ドラクエに出て来そうな装備の数々。

ハイデラバード サラール・ジャング博物館
日本専門のギャラリーもありました。

ハイデラバード サラール・ジャング博物館
日本らしいものもありますが・・・

ハイデラバード サラール・ジャング博物館
どう見ても中国とごっちゃになっているようなものもありました。

ハイデラバード サラール・ジャング博物館
中国の陶器などもかなりあります。

ハイデラバード サラール・ジャング博物館
やはり中国の昔ながらのものは、模様が鮮やかでキレイですね。

ハイデラバード サラール・ジャング博物館
こちらは一階に展示されている人気の古い仕掛け時計。

ニザーム藩王朝時代のもので、この博物館の名物であり特にここだけ多くの人が集まっていました。

ハイデラバード サラール・ジャング博物館
今で海外にある様々な博物館を見て来ましたが、
ここの博物館はとても大きくて全部見て周るのもかなり大変です。

ハイデラバード サラール・ジャング博物館
いちおう、博物館内には食堂もあるので

ここで休みながら周るのが良いかと思います。

———————————————–———————–———————–
サラール・ジャング博物館
住所:Salar Jung Road, Darulshifa Hyderabad
URL:www.salarjungmuseum.in/

ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA