スローボード出発! | KOPI LYCHEE ~ たび茶餐室 ~

スローボード出発!

待合場所で船に乗り村へ着く7時間までの間は
飲み物も食べ物がないので前もって食料をここで買うように言われる。
フエサイの町でお菓子や飲み物を買おうと見るが・・・・
タイに比べて種類が全然少ない。すべてラオス製ではなく
タイのものだった。とりあえずクッキーとポテチ、水などを購入。
待合場所でジュースを飲んで待つとそこには私以外に
東洋人が3人いた。そのうち2人は、同じゲストハウスにいた子達で
多分韓国人かな?と思って韓国語で話かけてみた。
相手は私の事は日本人だと思っていたのでビックリされる。
調度この2人が私の仲良しの韓国人の友達と同郷でしかも同じ大学
だったので大邸(韓国の3番目の都市)のローカル話で盛り上がる。
話が終わるともう一人いた日本人らしき男性から話かけられ
「どこから来たんですか?」と英語で言われ
「日本です。」と日本語で答えたら相手はビックリ!
私の事を韓国人と思っていたらしい(笑)
横で韓国人の女の子達は大爆笑。
その日本人の人は、まだ船のチケットを購入してなかったので
やはりここでもゲストハウスの予約表の提示を求められた。
彼の通訳をして、チケットを売っているラオス人に話を聞くと予約をしなくても大丈夫らしいがもし、宿が満室だった時は知らないよみたいな事を言われ彼も予約を入れお金を払う。
しばらくしたらソンテウの迎えが来たので船乗り場へ。
船は思ったより広い。だけど私達は最後に乗ったため
スペースがあまりなくほとんど欧米人達に広くてのんびり出来る場所は
取られていた。
そしてボードは出発しメコン川を下って行く。
IMGP0542.jpg

乗っている3分の1ラオス人。
PAP_0241.jpg

ラオス人の親子もいた。この子、お母さんにべったりでなんかカワイイです(笑)
IMGP0507.jpg

船に乗っている間は、何もする事がないので韓国人の子と
日本人でおしゃべりで盛り上がる。
なんか同じアジア人と話すとホッとする。やっぱり文化が似てるからかな?
欧米人より接しやすい。
どうやら韓国人大学生の女の子は、日本のジャニーズが大好きらしい(笑)
KATTUNと嵐が特に好きらしくその熱い想いを私に語って来た(笑)
ジャニーズは、そんなに興味ない私としてはドラマの話をされても
ちんぷんかんぷんだった(笑)。
もう1人の日本人男性は、私より年上で偶然な事に父と同郷だった。
本当は彼はノーンカーイ国境からラオスへ行く予定だったのだが
途中でトラブルがあり、急遽チェンライまで飛行機で来て
フエサイ国境からラオス入りしたらしい。
なんとあちらのミスで出国スタンプが押されなかったらしい。
出国したらまずパスポートは絶対確認するように彼に言われた。
東南アジアじゃたまにこんなミスがあるらしい。
まだタイで悪どいトラブルには遭ってないが
これからは回る国は注意しておかないとと思い、少し緊張感が高まる。
こう言った旅をしているとカメラ好きの人が多い。
たまたまその人もカメラ大好きなので2人で写真の話で盛り上がる。
でも彼は一眼レフ派ではなくコンパクトカメラ派。
彼の持っていたカメラはRICOHのGRシリーズ。
うおお、となるとかなりカメラマニアと見た(笑)
私も密かに欲しいのだ(笑)でもお値段は高いです(笑)
船に乗って数時間、途中途中で沖に泊まりラオス人が自分の村へ下り
また新しい人が乗ってくる。
IMGP0536.jpg

そして沖で子供達が水遊びをしていた(笑)
kin2.jpg

船を通るのを待ちわびたかのように沖で3人の男の子が歌を歌いながら
踊っている(笑)
20070225083116.jpg

そして順序飛び込み
kin1.jpg

ざっぷーん!!
IMGP0524.jpg

船に乗っている人達は面白おかしくその光景を微笑ましく眺める。
IMGP0522.jpg

IMGP0526.jpg

ラオスの子供達のパフォーマンス終了!!
たまたまその光景を一緒に撮っていたドイツ人とお互い写真の見せ合いっこをする(笑)
水浴びをする子供を撮りたかった私はここで見る事が出来
かな~り満足!これを写真に収めたかったのだ(笑)
途中では洗濯をする村人が見える。
IMGP0527.jpg

じきに1泊する村へ到着する。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください