タートーンへ | KOPI LYCHEE ~ たび茶餐室 ~

タートーンへ

結局昨日は夜中の2時まで飲んでしまい本日朝10時起床(泣)
これからバスに乗るので荷物の南京錠をもう一つ増やそうと思い
近所の文房具へ買いに行く。一番小さいので30バーツ。
日本の100均と変わらない。
タイの南京錠って結構便利!!
3個4個セットの南京錠も売っていたのだけど・・・なんと!
全部同じ鍵で開ける事が出来るので沢山の鍵で
一個ずつ開ける手間が省ける。
その後、朝昼ご飯?(笑)を食べる。
メニューに英語がないのでとりあえずどんなのがあるのか聞いて
「豚肉系でいいです。」と言ったらこれが出てきた(笑)
PAP_0254.jpg

タイ風チャーシューが乗ったごはん。スープも中華のようなお味☆
その後、ゲストハウスへ戻りオバちゃんにター・トーンへの行き方を聞く。
ファーン経由で乗り換えて行くのとそのまま直行バスがあるみたい。
地球の歩き方では、ファーン乗換えで行くと1時間早くなるって
書いてあったけど時間もあるし面倒なので直行で行く事にした。
荷物が多いのでトゥクトゥクでチャン・プアク門へ再び。
バスチケットを買おうとすると1時間以内出発のバスは売り切れ(泣)
なのでまた30分後に買いに来てと言われベンチでぼーっと待つ。
そこでタイ人男性に話かけられる。
無視したいところだがこのお国柄失礼になるかもと思い、
話したがまずかった!!
彼は同じバスに乗りたいとかタートーンで同じゲストハウスに
泊まりたいと言って来るので「お願いだから付いて来ないで下さい。」
言ったらどうにか彼も付いて来なくなり彼は次のバスチケットを
買ったっぽい。
助かった~~~(泣)
女1人だとやたら話しかけられるので親切なのか
下心があるのかと
言う見分けが時々難しい。
話かけて来る人に対しては異常なる警戒心を持ってしまう(泣)
もうすぐバス出発の時間。
PAP_0252.jpg

これがタートーン行きのバス。
PAP_0253.jpg

タイのバスは、ベンツばっかりですーー!!
PAP_0249.jpg

これがバスのチケット。
だけどね・・・過ってチケットが破れたらしく・・・・
ホチキスで止められたチケットを渡される(笑)
うーん、ある意味素敵なチケット(笑)
自由席だと思ったら席が決まっていた(泣)椅子が壊れていて座り心地は少しおかしい(笑)
そして出発ー!!
約1時間ぐらい道は順調だったけど途中から
舗装されていない道路に突入!
窓から赤土がバンバン入って来る(泣) んで窓壊れてて閉まらないので顔にタオルを当てて我慢。
目にほこりがあ~~~~(泣)!!
約4時間ぐらいで山奥のター・トーンへ着く。
急に田舎に来て空気もキレイになったせいか気分も爽快!
夕方なので既に肌寒い。暗くならないうちに急いでゲストハウスを探すがここは本当に小さい町でゲストハウスも数件ぐらいしかない。
前、誰かのブログで読んで知ったアップルゲストハウスを探す。
道を聞いたら既にアップルゲストハウスの前にいました(笑) 
部屋も空いててトイレ・シャワー付きでシングル1泊300バーツ。
メーコック川側の部屋なると500バーツらしい。
ここの小学生の息子さんが部屋までご案内。ニ
コニコして気が効いてとても可愛かった☆
部屋も可愛くて清潔。
IMGP0151.jpg

PAP_0248.jpg

バスルームは・・・窓に網戸なし(泣)
ちょっと虫さんが入ってきそうかな~~~~。
PAP_0246.jpg

PAP_0247.jpg

ベランダに出ると前にメーコック川が見える。
そしてどうやらあそこがボード乗り場らしい。
荷物を置いてとりあえずブラブラと・・・。
夕食を食べに近くの食堂でパッタイを食べる。でもここのはあんまり美味しくなかった(泣)。
IMGP0162.jpg

端から端まで歩いても10分ぐらいの本当に小さい町。
ここで日本人は私だけみたい。
観光客は、みんな欧米人ばかりだけど
少しマニアックな町のせいか観光客もさほど見かけない。
とりあえず明日はどうしようかと考えなくては。
元々ここからメーサローンが近いのでこのまま
行く予定だったけど・・ここの名物と言えばメーコック川下りでチェンライへ行く事。
船に乗りながら途中で山岳民族の村に寄ったり、
水浴びする子供がいるのも楽しそう。
果たしてちょっと疑問。確かに昼は暑いけど夏に比べたら
少し涼しいからいるかな~~(泣)
ヨシ!折角だからチェンライへ行こう!と決め、ボード乗り場へ行ってみるとチケットの販売は朝7時から。
明日7時にまた来なくては。
夜のタートーンは寒い。昼の暑さが嘘のよう。
寝る時は、ガクガクブルブルかなと思いきや毛布がとっても暖かかったので快適に寝る事が出来た。
明日は7時起き~。
----------------------------------------------------------------------------------------------------–
ランキングに参加しています

↓コチラもポチっとな、お願いします。↓

FC2Blog Ranking

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください