【イロイロ・Iloilo】オンブンペンションハウス(ONG BUN PENSION HOUSE)

コスパが良く、立地も街のど真ん中にあり大変便利なONG BUN PENSION HOUSE
現地の人にも人気の宿です。
イロイロ フィリピン 安宿 ONG BUN PENSION
このビルの2〜4階がONG BUN PENSIONで、ロビーは2階。
イロイロ フィリピン 安宿 ONG BUN PENSION
こちらがロビーの様子。
グレーの制服を来たお姉さんが、主にロビーを牛耳っております。
他のスタッフを含め、対応は大変良いです。

イロイロ フィリピン 安宿 ONG BUN PENSION
私が泊まったスタンダードシングル(トイレ・バス・エアコン付)
1泊385ペソ+テレビ50ペソ

(テレビ代は自動的に付いています・・・別にいらないのに・・。
不要に出来るかは分かりません)

イロイロ フィリピン 安宿 ONG BUN PENSION
スタンダードシングルに+50ペソを払えば、二人でも泊まれますが
二人利用の場合はデラックスを利用したほうが良さそうです。
どうせ65ペソしか差がないので。そのほうが部屋も広いし。

部屋はまあ清潔ですが、窓が小さく眺めは壁のみ!
ほぼ窓なしの部屋のような状態です。
部屋は毎日掃除してくれます。

タオルも毎日交換してくれますが、洗濯の都合上?新しいタオルがもらえるのは夕方以降です。

イロイロ フィリピン 安宿 ONG BUN PENSION
こちらがシャワー・トイレ。
まあ〜コスパが良いからこんなもんかな?
もち水シャワーですw

4階にはレストランがあり、ペプシやマウンテンビューが12ペソで飲め、ルームサービスも頼めます。
ルームサービスにしては値段はかなり良心的だと思う。
イロイロ フィリピン 安宿 ONG BUN PENSION
2階と4階にウォーターサーバーがあり、水も注ぎ放題!
そして、左側はお湯が出ます!カップラーメンも食べれるし、お茶が飲めるのは凄く嬉しい!
このウォーターサーバー、不思議なことに
4階のは、水が冷えててお湯がぬるい。
2階のは、水がぬるくてお湯が熱い。

うまく使い分けましょう!

最後にこの宿の要注意点
壁はほぼベニヤで仕切られているため、隣の話声やテレビの音がガンガン聞こえます。
夜中まで騒いでる客が隣にいると、うるさくて寝れません
あまりのうるささに壁をたたいたり、蹴ることもしばしば。
神経質な人は耳栓持参をオススメします。
————————————————-
宿名:ONG BUN PENSION HOUSE
URL:http://www.ongbun.com/pensionhouse-iloilo/
※HPの写真は超キレイに美化しているので要注意!
住所:Ong Bun Building near corner Quezon-Ledesma Street 5000 ILOILO, PHILIPPINES
行き方:パラワンからの船着き場からトライシクルで多分50ペソぐらいで行けます。
有名宿のようで、現地の人もドライバーさんもほとんど知っているようです。
場所はロビンソンの近く。
予約方法:ホームページの予約フォームから。
結構返信も早いので助かりました。
イロイロは特に混み合うので、早めに予約を入れることをお勧めします。
18時までにチェックインしないと、自動的に予約が取り消されるので要注意!
料金:【エアコンルーム】
スタンダードシングル      - P385
デラックス1         - P495
デラックス2         - P580
デラックス3         - P720
デラックス(トイレバス共同) – P330
【ファンルーム】トイレ・バス共同
エコノミー
Single – P150
Double – P230
Triple – P330
スタンダード
Deluxe Shared Bathroom – P330
ほかにもスイートやらマンスリータイプの部屋もあるようです。
(2014年2月現在)
——————————————————————————————————
ランキングに参加しています

ランキングに参加中
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.