いざチェンマイへ | KOPI LYCHEE ~ たび茶餐室 ~

いざチェンマイへ

朝7時起床。
朝ご飯を食べにフードコーナーへ行く。
やたら並んでいるお店があったので気になり
PAP_0260.jpg

そこでお魚系の団子がのっかっている麺類を注文。
しかも揚げワンタンも乗っている。そしてスープナシ・アリから選択出来るみたい。これがシンガポール風なのかな?
PAP_0259.jpg

鴛鴦茶(コーヒーと紅茶を練乳で割ったもの)。
香港に行くと必ず飲む一品。
メニュー自体はやっぱり中華系なので意外と頼みやすかった。
シンガポールって繁体字のイメージが強かったけど・・。
ここはどうやら簡体字が基本らしい。文字デザインが良いのか大陸のようにショボく見えない(笑)デザインでこんなにも雰囲気が変わるから不思議なものである。
腕時計がないのでマーケットでSD5ドルでお買い上げ。
再びドミトリーへ戻り、もう10時過ぎてるのでみんな起きてるだろうと思いきや・・・。
みんなまだ寝てるし・・・(泣)。 
部屋も暗くて何も出来ない。しょうがないので荷物をすべて廊下へ持って行き荷物を再度まとめる羽目になる(泣)
チェックアウトして空港へ向かう。
予約していたバンコク⇒チェンマイ行きの便が欠航になったとメールで連絡が来ていて一つ早い便へ勝手に変更されてしまっていた事により、バンコク行きの便では、国内線が間に合わないと言う事で荷物は機内持ち込みする羽目になる(泣)
手荷物チェックでアイブロウカットを没収される(泣)
イギリス留学時に買ったもので、8年愛用していたモノだったのでちょっとショックだった。
シンガポールから2時間。バンコクへ到着。
急いでイミグレを済ませ、駆け足で国内線チェックインへ向かう。
しかも空港が新しいよー!
ドムアン空港じゃなくてスワプナーム空港なのね!
でも混雑しすぎです!!!(泣)格安国内線は、早くドムアン空港へ移して下さい!
どうにかギリギリセーフ!!
チェンマイ行きのワン・ツー・ゴーへ乗り込む。
チケットはこちらで購入しました⇒オリエントタイ航空
乗り換えに調度いい時間を探したら、ここしかなかった・・。
ちょっと高めで1700バーツぐらい。
PAP_0255.jpg

外は、もう日も暮れてきた。
PAP_0256.jpg

PAP_0257.jpg

機内を見たら・・どうやら全日空の中古の中古を購入した飛行機らしい(笑)
内装そのまんま。
アラビア語圏内の航空会社から購入したっぽい。
アラビア語がそのまま残っている。タイの航空会社になったのにタイ語はない(笑)
あっと言う間にチェンマイへ到着。
ゲストハウスから空港出迎えが無料なので頼んだのだけど・・・
いないんですけど・・・・。  
50分ぐらい待つ。でも来ない(泣)。
しょうがないのでゲストハウスへ電話する。そしたらタクシー代払うのでタクシーに乗って来て下さいと言われる。
タクシー乗り場にいるお姉さんに行き先を告げる。結局タクシーが混んでてソンテウ(乗り合いタクシーみたいな感じ?)に乗る事になる。
窓からチェンマイの町並みが見え、タイ語の看板が見えると
タイに来たんだ!! と実感が湧いて来る。
バンコクが都会過ぎるのかな?
ただの小さい都市にしか感じないけど発展し過ぎず田舎し過ぎずと言ったところが感じ良い。
乗る事15分。着いたよと言われ降りると・・・
どうやら運転手の人が行き先を間違えたらしい(泣)
既に荷物を持って降りてお金も払ってしまっていたので・・もう運転手のお兄ちゃんは行ってしまっていた。エーン(泣)
降ろされたゲストハウスの人に自分が泊まる予定のゲストハウスの住所を見せたら分からないと言われる(泣)しょうがなく人が多そうな屋台が立ち並んでいるところへ行って道を聞きまくる。
タイ人のお兄ちゃんが
あー、ここの道はここから4キロぐらいだよ。トゥクトゥクかタクシーに乗って行ったほうがいいよ。」
と言われ・・
また乗らないといけないの!?(泣) 
しょうがなくトゥクトゥクを探し、トゥクトゥクのおじいちゃんもゲストハウスの場所が分からない。
なので2人でチェンマイの地図をにらめっこする。
調度ゲストハウスの前にプリンスホテルと言うのがあったので、そこの前だと言うとドライバーもすぐ分かってくれた。
無事ゲストハウス「プラザ・イン」に到着。
シングルで12月下旬は、1泊400バーツ。
長い道のりだったわ。結局空港から1時間以上かかっていた(泣)。
着いたらゲストハウスの人と宿泊客が出てきて凄く心配されていた。
宿泊客のオジサンに「チェンマイ初めてで、女性1人で・・しかもホテル間違えて降ろされてトゥクトゥクに乗って来たの!?」とビックリされる。
それから5分後、迎えに出ていた人が戻ってきた。
一応ゲストハウスから私の連絡は聞いていたらしい。
無事着いたと言う事で良かったと安心される。
着いたらお腹ペコペコ。でももう夜9時。
近くのマーケットへ行って食べ物を物色。
シュウマイもどきと何かのセット。
IMGP0004.jpg

黄色い方はまあまあ美味しかった。白いほうは・・ちょっと微妙かも(笑)。
途中で私の大好きなカノムクロックの屋台を発見!!
IMGP0008.jpg

1セット20バーツと言われ、1人じゃ多すぎるので2個で10バーツ払うから頂戴って言ったらお姉さんが「いいよいいよ!あげるよ。」と笑顔で2個タダでもらってしまった。
ちょっと感激(泣)
これがカノムクロック☆
IMGP0007.jpg

ココナッツミルクと米粉で作ったお菓子。
甘さがクセになる美味しさです☆出来立てアツアツで美味しい~~☆☆
お腹も満足し、近辺を物色。
チェンマイは、バンコクと違って肌寒い。
そしてビックリしたのが気温のせいか虫がいないんです!!!
なので屋台のご飯も結構安心して食べれるのが嬉しい☆
そのままゲストハウスへ戻りおやすみ~☆
----------------------------------------------------------------------------------------------------–
ランキングに参加しています

↓コチラもポチっとな、お願いします。↓

FC2Blog Ranking

1 Comment

飲み物大好き!

鴛鴦茶について

鴛鴦茶鴛鴦茶(えんおうちゃ、広東語 ユンヨンチャー yunyeungcha)は、香港で一般的な飲み物で、紅茶とコーヒーを混ぜ合わせたもの。日本語でコーヒー紅茶と呼ばれる場合もある。多くは、砂糖とエバミルクをたっぷり加えて飲む。.wikilis{font-size:10px;color:#666666

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください