【マラッカ】老舗の海南鶏飯粒(チキンライスボール)と言えば『中華茶室』

シンガポール・マレーシアで日本人に人気の海南鶏飯。
タイで言えばカオマンガイ。

ここマラッカでは海南鶏飯粒として名物となっています。
一般の海南鶏飯との違いは、ライスが丸められているところです。

英語では、チキンライスボールと言われています。

マラッカ チキンライス 海南鶏飯粒 中華茶室
で、マラッカで一番人気のある食堂と言えばどこ?と聞くと
チャイナタウン入り口にある『中華茶室』が良く挙げられると思います。

>>2010年のレポートはコチラ
マラッカに来ると必ず食べに来ますが、
味は確かに美味しいです。

人気店のため、このように週末は凄い行列になります。
あまり並びたくなければ、遅くとも
平日の火曜〜金曜日の午前11時までに行って下さい。

世界遺産に登録される前は、ここまで並んでいることは
ありませんでした。

マラッカ チキンライス 海南鶏飯粒 中華茶室
こちらはオーナーの方。
沢山ある鶏肉を素早く効率良くカットして行きます。

マラッカ チキンライス 海南鶏飯粒 中華茶室
前もって丸められたライスボールが置いてあります。

マラッカ チキンライス 海南鶏飯粒 中華茶室
さて、こちらが名物の海南鶏飯粒。

鶏肉は相変わらず絶品で、たっぷりとかけられた
ごま油の風味で食欲が増進されます。

マラッカ チキンライス 海南鶏飯粒 中華茶室
こちらは、マラッカ式の海南鶏飯の粒。
いわゆるライズボールです。このように手で丸められています。

鶏のダシの旨味がたっぷり詰まり
普通の海南鶏飯では味わえない深みがあります。

ただ、今回来て少し残念に感じたことが・・・。
過去に何度も来ていた人ならご存知かと思いますが
今年からなのか?メニューでは、一羽と半羽のセットしかありません。
(昔は人数分ごとにちゃんと鶏を出してくれた)

砂肝などの別の部位も、
今は当たり前のようにセットとして出されます(頼んでないのに・・・)
2人分の場合は半羽出ますが、量は多くなります><
しかも、値段も結構上がってた。

(お一人の場合は、こちらから言えば1人分サイズぐらいは出してくれます)

あまりにもお客さんが多いため
このように簡略化されたのでしょう。

マラッカが世界遺産に登録され、観光客が増えるのは良いですが
反面、このように残念なことも増えて行きます。

経営されているご家族の方はテキパキ働いているのですが
ライスを丸める係の雇われお姉さんの対応が悪い悪い
しかも、かなりダルそうに働いている><

仕事ちゃんとしないし・・・、オーナーのオジさんが代わりに
忙しいのに私達の注文をちゃんととってくれました。

毎回来てた美味しい海南鶏飯粒屋さん。
繁盛するのは良いことですが、なんか寂しくなりました。

———————————————–———————–———————–
店名: 中華茶室(KEDAI KOPI CHUNG WAH )
住所:18, Jalan Hang Jebat, 75200 Melaka
営業時間:8:30~15:00ぐらいまで
料金:一羽42RM 半羽21RM ライスボール一粒0.3RM
※2014年7月現在


より大きな地図で Melaka (Malaysia) を表示

ランキングに参加しています

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA