【ラオス・パクセー】朝ごはんはフランスパン in Lao Style☆

ラオスでは、朝食やお昼にフランスパンを良く食べる。
早朝から街中では、フランスパンを売っているお店をよく見かけるだろう。

こんなところがフランスの植民地だったんだな~と伺える。

ここパクセーにあったサンドウィッチ屋は、
注文したらその場で炭火であぶって温めてくれる☆
これがまた、炭火による遠赤外線効果でパンはふっくらホカホカ☆
出来たて感覚で食べれるのが嬉しい。
ビエンチャンやルアンパバーンでは、
欧米スタイルのサンドウィッチが手軽の楽しめるが
パクセーでは、ラオススタイルがどちらかと言うと一般的。
ラオススタイルのサンドウィッチは・・・・・・
具はさほど美味しくない。結構辛かった。
でもバゲットは最高にウマイ☆
他にも食堂では、こんなメニューが一般的にある。


これは”カオ・チー・レ・カイ・ダーオ”
カオ・チー:バゲット(フランスパン)
カイ・ダーオ:
目玉焼き と言う意味である。

目玉焼き2個かと思ったら、3個もあったのでビビッたが・・・・
このバゲットを半熟の黄味につけるとウマイのなんの!!
しかも日本のフランスパンと違い
モチモチ感たっぷりのラオスのフランスパンだからこそ余計美味しく感じる。

別に変哲もない朝ごはんだが・・・・・
やっぱりバゲットは最高にウマイ☆
ラオスに来たら、フランスパン。必ずお試しあれ☆
--------------------------------------------------—-
場所:ラオスのパクセー 13号線通り
屋台のバゲット⇒ラオコットンショップと同じ並び
値段:4000キープ
朝食セット⇒ランカムホテルの隣のフー屋さんにて
値段:8000キープ~

----------------------------------------------------------------------------------------------------–
ランキングに参加しています

↓コチラもポチっとな、お願いします。↓

FC2Blog Ranking

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください