【東ティモール】ディリから陸路で国境越え インドネシア・クパンへ | KOPI LYCHEE ~ たび茶餐室 ~

【東ティモール】ディリから陸路で国境越え インドネシア・クパンへ

東ティモール  ディリ 陸路国境越え インドネシア クパン
今回もTIMOR TRAVELのミニバスを利用し、片道21US$
出発は朝7時半にTIMOR TRAVELの前に集合となります。

東ティモール  ディリ 陸路国境越え インドネシア クパン

クパンではピックアップに来てくれますが、ディリに限り
空港近くにある大通り沿いでないとピックアップはないようです。

>>インドネシア・クパン→東ティモールへの陸路国境越えの記事はコチラ

東ティモール  ディリ 陸路国境越え インドネシア クパン

まあ、予想通り出発は遅れます・・・。
8時頃からチェックインのため、名前が呼ばれますが
恐ろしく手際が悪いです(笑)

1日3〜4台のミニバスが出ているようで。
どれも満員のようでした。

東ティモール  ディリ 陸路国境越え インドネシア クパン

やっと、名前が呼ばれ車に乗り込み
出発は30分遅れの8時半。

東ティモール  ディリ 陸路国境越え インドネシア クパンクパン発と同じように、朝食付き
ちょうど近くにある美味しいケーキ屋さんのお菓子のようです。

東ティモール  ディリ 陸路国境越え インドネシア クパン

逆から来た時にディリ直前まで凄い悪路だったので
ディリを出るときに、それを覚悟していたら・・・・

おかしいな?ガッコンガッコンと車が揺れない!

前のように悪路じゃない!
何故だろうと思っていたら

今回のドライバーがとても安全運転のため
凄いゆっくり道を走っていたのです!(笑)

インドネシアから来たときは、大雨だったのと
ドライバーの運転がとても下手だったようで。
運転1つでここまで変わるのか!と驚きを隠せませんでした。

東ティモール ディリ 陸路国境越え インドネシア クパン

帰りの東ティモール側の道は、特に悪路と感じることもなく
休憩所に到着。国境までの間に30分程休憩があります。

東ティモール  ディリ 陸路国境越え インドネシア クパン
出発から4〜5時間後に、軍隊の通関チェックがあるため
一度車を降り、また乗り、次は出国審査へ。

東ティモール  ディリ 陸路国境越え インドネシア クパン

今回は前に比べて出国審査らへんが平和に感じる。
晴れて天気が良いからだろうか?
記念撮影をしてい人もいる。

東ティモール  ディリ 陸路国境越え インドネシア クパン

で、出国審査も終え
また車に乗り、今度はインドネシア側の入国審査へ。

ここで車は乗り換えになり、
出国審査後はインドネシア側の車が待機しています。

で、ここで注意!
車を降りるときに、小〜中学生ぐらいの子がわんさか集まって来て
勝手に荷物を運んで行き、お金を請求して来ます。
なので持って行かれないように、自分ですぐ持ちましょう!

今回は降りる時にドライバーさんが
子供達にあっち行け!と追い出していたので、
来た時のように勝手に持って行かれませんでした(笑)

東ティモール  ディリ 陸路国境越え インドネシア クパン
で、歩いて国境を越え
インドネシアの入国審査へ。

東ティモール  ディリ 陸路国境越え インドネシア クパン
ここで入国カードの代行ビジネスが横行しています。

書いてもらうと1ドル請求されてしまうので
用紙だけもらい、自分で書きましょう。

入国審査終了後、
税関カードに記入し、用紙を係員に渡し
今度は手荷物のチェックがあります。

スーツケースの場合は、隅々まで調べられていましたが
バックパックの場合は、荷物が奥まで詰められていて
出すのが面倒なのか、半分ほど調べられて終了でしたw

みんな日本人だと知ると、日本語でアリガトなど
片言の単語を話して来て、とってもフレンドリー!
こんなところが、インドネシアらしいなあ〜。
カリマンタン島の国境も凄くフレンドリーだったし。

で、インドネシア側の車に乗りこんだところ
まだ乗ってない東ティモール人が2人いて
何かトラブルがあったようです。

乗客の話しだと、入国カードの記入代行から
10US$ぼったくられたようで・・・><
その問題でまだ少し時間がかかっていました。

待つ事さらに10分、解決したのかバスは出発し
今度はインドネシア側の通関チェックのため、
バスを降り、また乗ります。

東ティモール ディリ 陸路国境越え インドネシア クパン

インドネシア側に入り、道路は格段良くなりました。
ここからの道は快適で車のスピードもアップ!

しばらくし、アタンブアに到着
ここで半数以上の方が降り、また数人乗って来ます。
TIMOR TRAVEL経営のホテルなど、いくつか宿もあるようで。
12時間以上乗るのが辛い方は、ここで1泊というのも良いと思います。

東ティモール ディリ 陸路国境越え インドネシア クパン

この後、少し走り食事休憩が入ります。
ナシチャンプル屋さんですが、私達は飲み物だけ注文。
行きに寄ったところより、値段は少し安かったです。

東ティモール ディリ 陸路国境越え インドネシア クパン

ここからクパンまでは、まだまだ長い道のり。
数時間経つと、夕暮れが。
窓から見る、山々の景色はとてもきれいです。

クパン到着では、宿まで送って行ってくれます。
ただ、私達は最後の順番になってしまったため
最初に送り届けてもらった人より、さらに1時間乗る羽目に><

で、今回は合計14時間かかりました!
体の疲れはとれるまで後2日ほど要るのでした( ;∀;)

以上、東ティモール・ディリ→インドネシア・クパンの陸路移動でした。

————————————————————–

ランキングに参加しています

ランキングに参加中
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください